現在ほど一般的でなかった頃から続けているダンス

十代から続けているダンスが趣味です。

現在のように、HIPHOPなどが一般的に根付いていない頃から続けており、三十代後半になった現在でも適度な運動として続けています。

田舎に住んでいるという事もあり当時はダンススクールなどの環境も皆無で、

レクチャーDVDを探したりテレビを録画して真似をしたり、

時には仲間たちと都会に遠征をしてクラブで生の現場で経験を積むなど苦労しながらも続けてきました。

内向的だった性格も一変し自分に自信も持てるようになり、交友関係も広がりました。

社会人になってから、同じ趣味の仲間たちと学生の頃の部活動・サークル活動のように集まり、繋がり、

同じ目標に向かい切磋琢磨できる仲間を作る事はなかなか難しい事と思いますが、

ダンスという趣味を通じて、かけがえのない沢山の一生ものの仲間を得ることができました。

ダンス仲間以外との付き合いの際でも、結婚式余興のダンス振り付け指導などを頼まれるなど

長年続けてきた趣味は特技として生かされています。

また、体一つあればどこでも活動でき日々の適度な運動としても役立っています。

ダンスを始めた当初は周りから理解されず悲しく感じた事もありましたが、今ではそれもいい思い出になっており、

体が動く限り年齢を気にせずダンスを続けたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です