上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりしたつくりになっています。

できるだけ避けていたキシリトールガムを噛むこともできます。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は問題がなければ一生物などと言われますが、やはり施術すればいいというものではなく、術後のメンテナンスや毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

口内ケアを怠けていると歯槽膿漏などのリスクもあり、発症してしまうとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、たったケアをなまけただけなのにインプラントの使用可能年数が縮められ、悪くするとインプラント治療のやり直しも考えられます。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは歯根をあごの骨に埋めその上に歯をくっつける人工の歯を作ることだと思って下さい。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような感覚があり、定期的にメンテナンスすればかなり長く使えます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

どなたにも共通に、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

かなり専門的な外科的治療を必要とするので、豊富な症例の経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

また、できれば必要な費用は明確に伝えてくれる、不安な治療の状況や、口腔内の状態について明確に説明がなされるといったことも安心して治療を受けるための歯科医を選ぶために必要な情報です。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れは引かず痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を心配される方も確かにおられると思います。

信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も増えてきました。